1325541PT
ご当地エントリーNo.410

みどモスMIDOMOSU(群馬県)

所属:群馬県みどり市

日本の歴史を変える大発見となった岩宿遺跡。その時代に生息していたといわれるマンモスをイメージしたキャラクター。年齢は永遠の35000歳、やんちゃだけど優しい男の子。特技は石器・まが玉作りなど。
リンク
Facebook
Twitter
ご当地情報
  • 群馬県みどり市

     みどり市は、平成18年3月27日に、新田郡笠懸町、山田郡大間々町、勢多郡東村が合併して誕生した、群馬県で48年ぶりにして第12番目の新しい市です。
     群馬県の東部に位置し、総面積は208.42km2となります。市域は桐生市、栃木県日光市を始め、群馬、栃木両県の7市と接しており、首都東京からは100km圏内になります。
     地形は南北に長く、北部には足尾山地が連なり、その山塊に源をもつ渡良瀬川が市の北東から南東にかけて流れています。東町地区の主な地域はこの渡良瀬川に沿うように形成されていて、上流部には草木ダムが豊富な水をたたえ、首都圏に水を供給する役割を担っています。中部から南部にかけての地域は、渡良瀬川の清流がつくりだした大間々扇状地により形成されています。扇状地の要となる大間々町地区の町名の由来となった「まま」は、渡良瀬川の河岸段丘が造り出した傾斜地崖の呼称であり、住民にとって渡良瀬川が生活に深く根ざし親しまれてきたことを物語っています。
     このみどり市の地域は、足尾銅山の銅を運ぶあかがね街道の宿場町として、また、生糸の集散地として人々の行き交う場所として発展してきました。
     現在でも、南北には栃木県日光市から埼玉県を経由して東京都までつながる国道122号、東西には前橋市から茨城県水戸市へとつながる国道50号が走り、交通の要衝地としての役割を担っています。また、市の南部付近に建設された北関東自動車道では太田藪塚ICが開設され、ICへのアクセス道路が整備されることで、より一層の利便性の向上と地域の発展が期待されています。
     鉄道においても、東京都ともつながるJR両毛線、東武鉄道桐生線のほか、地元住民の身近な交通手段として上毛電鉄、わたらせ渓谷鐵道があります。中でもわたらせ渓谷鐵道は、旅行番組などでも頻繁に取り上げられ、沿線地域のPRに貢献しています。
     みどり市の中で目を引くものとしては、水彩の詩画を通して生命の尊さ、優しさを語り続ける星野富弘さんの作品を公開している富弘美術館。関東の耶馬渓とも讃えられ、四季折々の渡良瀬川の景観が満喫できる高津戸峡。日本の旧石器文化の存在を証明し、日本史の常識を覆す発見となった岩宿遺跡などがあります。また、毎年8月1日から3日まで開催される江戸の寛永年間に始まった大間々祇園まつりや、京都の貴船神社から分霊を祀ったとされる大間々の貴船神社への初詣などには、毎年多くの人が訪れています。

    岩宿博物館

     「岩宿遺跡」の隣にあり、約3.5万年前から約1.3万年前の日本列島で展開された人類の生活を再現しています。展示は映像を多く導入し、小学生でも理解できるようわかりやすく説明しています。
     常設展示では、岩宿遺跡の発掘調査のようすを映像やパネルで紹介するコーナー、岩宿時代の地形や環境をパネルや模型で再現したコーナー、岩宿時代のヒトの狩猟や生活の道具である石器の作り方・使い方を解説したり、各地で発見された石器文化の地域性や移り変わりなどを紹介するコーナー、岩宿人の狩りのようすを紹介するコーナーなどがあります。

    西鹿田中島遺跡史跡公園

     史跡西鹿田中島遺跡は、東日本を代表する縄文時代草創期の遺跡として、平成16年に国の史跡に指定されました。平成22年から史跡西鹿田中島遺跡保存整備事業を実施し、みどり市西鹿田中島遺跡史跡公園として整備しました。
     芝生広場内には、解説板が設置され、住居跡も復元されています。西鹿田中島遺跡についてより深く学習できるようガイダンス施設を整備しました。展示ホールには、史跡の解説、出土品や縄文時代草創期の景観を復元した展示模型、史跡の解説映像などが置かれています。

    ながめ余興場

     ながめ公園の一角にあるのが「ながめ余興場」。昭和12年に建てられた木造二階建ての劇場です。直径約6.3mの廻り舞台や花道、二階席もある本格的な造りで、玄関は歌舞伎座を模したといわれています。
     最盛期の昭和20年から30年代には、人気劇団や流行歌手が次々に舞台を踏み、窓にぶらさがったり、木に登って観る人もいたというほどの人気ぶりでした。

    関東菊花大会

     ながめ公園で毎年秋に関東菊花大会が開催されます。大菊三本立ての盆養菊や盆栽菊、懸がい菊、大作りなど約1,000鉢が展示され菊の香りを漂わせます。さらに、花を衣装にちりばめた菊人形が会場を華やかに彩ります。

    高津戸峡

     関東の耶馬渓とも讃えられる高津戸峡。遊歩道が整備されており、ゴリラ岩、ポットホールなどを見ることができます。新緑の頃から秋にかけてが見頃で、とりわけ渡良瀬川両岸の紅葉が映える秋季の景観は見逃せません。

    富弘美術館

     東町出身の星野富弘氏の作品を公開している美術館です。透明感あふれる水彩で描かれた草花と、素朴で美しい詩の世界から、見る者は「生きることのすばらしさ」「生きる勇気」を与えられます。

    小中大滝

     壮大なスケールを誇る滝。「けさかけ橋」からの眺めは最高です。雄大な自然をご堪能ください。

    1. 観光
    けさかけ橋

     最大傾斜44%、スリル満点の階段式つり橋です。けさかけ橋から眺める小中大滝は最高です。

    わたらせ渓谷鐵道

     渡良瀬川の渓流に沿って走る列車からは、美しい自然と新鮮な空気が存分に味わえます。また、沿線には、キャンプ場など、楽しい体験ができる施設がたくさんあります。

    みどり市ブランド

     「みどり市ブランド」商品は、みどり市が認証した市内で製造された優れた商品や工芸品等のことで、認証マークがその目印です。市が自信をもってお勧めする自慢の商品ですので、ぜひお試しください。
    https://www.city.midori.gunma.jp/midoribrand/

  • 특별 협찬
  • 특별 협찬
  • 공식 미디어 파트너
  • 주변 숙소 예약
  • 공식 파트너