ゆるキャラグランプリ オフィシャルウェブサイト
  • TOP
  • ゆるキャラ®グランプリ参加キャラクター
  • 宙太くん
  • ご当地エントリーNo.596(鹿児島県)

宙太くん

宙太くん

所属:鹿児島県南種子町役場 企画課 去年に引き続き“世界で最も美しいロケット発射場”のある南種子町からやってきた『宙太くん』です!ヘルメットの火縄銃アンテナを駆使して情報交信をし、南種子町のPRに励んでいます。

ご当地情報

  • 南種子町

    南種子町は、大隅諸島の一つである種子島の南端に位置し、
    気候は温暖で平均気温が約19度です。青い空と澄んだ海、
    豊かな自然に囲まれた人情豊かな町です。
    1543年本島最南端の門倉岬に異国船が漂着し、
    その船に乗っていたポルトガル人によって鉄砲が伝えられ
    鉄砲伝来の地として歴史的な由来を持ちます。
    また、日本の科学の粋を集めた種子島宇宙センターがあり、
    歴史と科学が共存する町です。
    最近では日本屈指のサーフポイントとして
    サーフィン愛好者にも人気がある町です。

  • ご当地観光注目!
    種子島宇宙センター

    総面積約970万平方メートルにもおよぶ日本最大のロケット発射場です。南種子町の東南端の海岸線に面しており、“世界一美しいロケット発射場”といわれています。センター内にある
    『宇宙科学技術館』は今春リニューアルしたばかり。ロケットはもちろん、人工衛星や
    国際宇宙ステーション計画、地球観測、天体・惑星など、宇宙開発におけるさまざまな分野に
    ついて、実物大モデルやゲームなどを多数用いて展示・紹介しており、分かりやすく楽しみながら学べる施設となっています。
    また、『施設案内ツアー』も実施されていて、打ち上げ関連施設など専任のガイドによる解説付きでご案内いたします。
    ※案内者付見学・事前予約制

  • ご当地観光注目!
    門倉岬

    天文12(1543)年、鉄砲を伝えたポルトガル人の乗った異国船が漂着した海岸に隣接する岬です。一帯は公園になっていて、展望台や鉄砲伝来紀功碑、神社などがあります。種子島の最南端にあり、屋久島や美しい海岸線が望めます。

  • ご当地観光イベント
    千座の岩屋

    種子島最大の海蝕洞窟で「中に千人が座れる」といい伝えられていることからこの名がつけられたといわれています。
    洞窟に入れるのは干潮時のみで、自然が作り上げた岩のオブジェの美しさは、
    幻想的な雰囲気も漂わせています。
    沖合にちらばる岩礁もすばらしい景観を誇っています。
    近くには“町内唯一の海水浴場”浜田海水浴場があり、シーズンには多くの観光客で賑わいます。
    また、10月から開催の『種子島宇宙芸術祭』では風穴洞の なかで巨大なプラネタリウム投影イベントを行います。大自然が作りあ げた造形美と、最新鋭技術がもたらすプラネタリウム映像の出会いに よって、体験したことのない世界に包まれます。

  • ご当地観光
    広田遺跡

    弥生時代後期後半から古墳時代併行期(3世紀から7世紀頃)にかけての集団墓地で調査の結果、90箇所の埋葬遺構と157体の人骨、総数44000個に及ぶ貝製品が出土しました。これら「広田遺跡出土品」は国の重要文化財に指定されていて併設されている『広田遺跡ミュージアム』でみることができます。
    館内では地元語り部による館内・遺跡案内を行っています。

  • ご当地観光注目!イベント
    “全国で唯一の大型ロケット打ち上げ”

    種子島宇宙センターは全国で唯一の大型ロケット打ち上げ設備が整っている発射場です。今年はこのセンターから初めてロケットを打ち上げてから50年、“日本の宇宙技術の最先端”をぜひ体感しに来てください。

  • ご当地観光注目!イベント
    8月12日(日)~1万発の花火にタカラジェンヌOGの華麗なショー~『第40回ロケット祭』

    南種子・夏のビッグイベント『ロケット祭』が今年もやって来ます!
    いまや“種子島・夏の風物詩”として島内外から多くの人で賑わいます。
    特設ステージでは楽しいイベントが盛りだくさん!今回は“タカラジェンヌOG”によるショーも行なわれます。南種子町のメインストリートでもパレードやよさこい、ちびっ子神輿などが行われ賑わいをみせます。
    クライマックスは“宇宙にいちばん近い島”の夜空にダイナミックな華を咲かせる『大花火』!今年はなんと!1万発が打ち上げられる予定です!「宇宙の大海原に届け!」とばかりに打ち上げられる花火に町は幻想的な雰囲気に包まれます。

  • 観光注目!イベント
    10月20日(土)~『種子島宇宙芸術祭』

    今年も宇宙をテーマにした新しい形の芸術祭が、2018年秋に開催します。
    種子島の全島でさまざまな作品、アートプロジェクト、イベントが繰りひろげられる予定です。
    世界で最も美しいロケット発射場があるのが種子島ですが、芸術祭はその魅力をもっとわかりやすく見せてくれると思います。芸術祭をきっかけにして宇宙をもっと身近に感じる体験をしてもらいたいと願っています。
    ロケットの他にも種子島は、きれいな星空、おいしい特産物、そして古くから続く長い歴史を持った島です。このように数多くある島の魅力が結集して種子島宇宙芸術祭ができあがります。

  • 観光注目!イベント
    JPSAジャパンプロサーフィンツアー2018 ショートボード 種子島プロ(仮)

    “サーフアイランド種子島”でいよいよワールドクラスな大会の開催が今年も決定!
    国内ツアー最高峰のこの大会、サーフィンは2020年東京五輪の種目となり、
    今大会は日本サーフィン界の未来につながる大会としても注目が集まっています。

    『種子島は9月でもまだまだ熱い!』
    ハイクオリティーな種子島の波の中で繰り広げられる最高レベルの競技をぜひ観戦あれ!

    ※プロトライアル同時開催予定

  • ご当地グルメおみやげ
    安納いも

    焼き芋にすると蜜が出るほどの甘さが特徴です。しっとりとした食感と甘さが認められ、全国的に人気が高まっています。島内では安納いもを使ったスイーツも数多く取り揃えています。

  • ご当地グルメ
    インギー地鶏

    明治時代、座礁した英国船を島民が助けたお礼に贈られた鶏を「インギー鶏」と名付け、今日まで町内で大切に守り育てられている鶏がルーツの、地元で食用とされている『インギー地鶏』。
    濃厚な味わいと程よい歯ごたえ,柔らかい肉質が特徴です。

  • オフィシャルメディアサポーター
    • 楽天TV
  • 会場周辺の宿を予約
    • 楽天トラベル
  • オフィシャルパートナー
    • ポニーキャニオン 地域協業ワーキングチーム